Language
北アルプスの麓 白馬・扇沢・安曇野おすすめスポット 気軽に散策 / 本格的に登山 【新宿⇔白馬・扇沢・安曇野】バス予約
  • 気軽に散策♪
  • 本格的に登山!
気軽に散策♪

北アルプスの麓に広がる白馬・大町・安曇野エリアは雄大な自然に囲まれた高原リゾート。白馬・大町エリアでは雄大な山々や花を楽しむハイキング。安曇野エリアでは日本の原風景が残る田園や、わさび農場、美術館巡りなどをお楽しみ頂けます。

コース概要 白馬のおすすめスポット 扇沢・大町のおすすめスポット 安曇野のおすすめスポット
【新宿⇔白馬・扇沢・安曇野】バス予約

白馬のおすすめスポット

毎年恒例の人気イベント「白馬Alps花三昧」。涼やかな北アルプスに咲く気品に満ちた佇まいの高山植物、雪解けの沢や水辺にひっそりと咲く山野草、親しみ深い素朴な草花など、その多彩な表情は見るものを飽きさせません。

八方尾根自然研究路

中部山岳国立公園八方尾根の雄大な自然や可憐に咲く希少な花々、神秘の池「八方池」までのハイキングルート「八方尾根自然研究路」。ファミリーや女性でも無理なく山岳ハイキングが楽しめるのが魅力。

白馬八方バス停からタクシーで約5分

八方尾根自然研究路
白馬五竜高山植物園

300種類200万株の花々が咲き群れる「白馬五竜高山植物園」。ヒマラヤの青いケシやエーデルワイス、高山植物の女王・コマクサも群生し、赤やピンク、白の美しい姿を観賞することができます。

白馬五竜バス停からタクシーで約5分

白馬五竜高山植物園
白馬岩岳ゆり園

訪れた人をまず迎えてくれるのは、夏空を駆け抜ける真っ白な雲と、その空に近づくかのように一面に広がるゆりのお花畑と北アルプスの絶景。そして眼下には白馬山麓一帯を見渡せる大パノラマがおすすめ。

白馬八方バス停からタクシーで約10分

白馬岩岳ゆり園
栂池自然園

約25分間の「動く展望台」ゴンドラとロープウェイを乗り継ぐとそこは、標高1900m~2000mの大自然のフィールドが広がる。約5.5kmの遊歩道が整備され、誰もが気軽に楽しむことができる。貴重な約370種の花々と命の息吹に満ち溢れた「栂池自然園」。

栂池高原バス停からゴンドラ乗場まで徒歩約5分

栂池自然園
【新宿⇔白馬五竜・八方・栂池】バス予約 

扇沢・大町のおすすめスポット

北アルプスを貫く立山黒部アルペンルート長野県側の玄関口に位置する大町には、黒部ダムや中山高原、仁科三湖、高瀬渓谷などと自然を満喫出来る見どころいっぱいです。

黒部ダム

雄大な北アルプスの大自然に抱かれる黒部ダム。高さは186m。日本一を誇り世界でも最高クラスに入ります。豪快な放水は水煙をあげ、毎秒10立法メートル以上も噴出される光景は圧巻。

扇沢バス停からトロリーバスで約16分

黒部ダム
立山黒部アルペンルート

黒部ダム観光の楽しみの一つに、アルペンルートの乗り物の数々があります。扇沢駅から黒部ダムまで電気で走る関電トンネルトロリーバスなど、立山黒部アルペンルートでは自然環境と景観保護、クリーンエネルギーに配慮された懐かしくもあり珍しい乗り物がいっぱい。

扇沢バス停からトロリーバス・ケーブルカーなど乗継

立山黒部アルペンルート
中山高原

お花畑越しに北アルプスが見える丘。春には菜の花が斜面を黄色に染め、夏の終わりごろにはそばの花で白に変わります。雄大な山々と花のじゅうたんのコントラストが絶景をつくります。NHK連続テレビ小説「おひさま」の監督の目にとまりロケ地となりました。

信濃大町駅からタクシーで約20分

中山高原
【新宿⇔扇沢・信濃大町】バス予約

安曇野のおすすめスポット

日本の原風景が残る田園風景が広がり美術館や人気のわさび田を潤す湧水は名水百選にも選ばれ、国土庁から「水の郷」に認定されています。

大王わさび農場

東京ドームを11個分に相当する、広大なわさび田。年間を通し、平均13度という北アルプスの湧水が、毎日12万トンも畑全体から湧き出してきます。風情ある水車小屋や趣豊かな遊歩道など、安曇野を体感できる45,000坪の自然の王国です。

安曇野穂高バス停からタクシー約10分

大王わさび農場
碌山美術館

穂高出身の荻原守衛(碌山)の美術館。重要文化財にも指定されている最後の作品「女」をはじめ、日本近代彫刻の祖といわれる彼の力作が揃い親交のあった芸術家(高村光太郎、他)の作品も展示。

安曇野穂高バス停から徒歩約10分

碌山美術館
安曇野ちひろ美術館

絵本画家いわさきちひろや世界の絵本画家の作品を展示する美術館。木のぬくもりあふれる館内には、約3,000冊の絵本を自由に読める部屋や木のおもちゃで遊べるスペース、北アルプスを望むカフェ、ミュージアムショップも併設。

安曇野穂高バス停からタクシー約20分

安曇野ちひろ美術館
【新宿⇔安曇野穂高】バス予約
このページの先頭へ